カードローン ボーナス払い

急な出費でお金に困った時は?

急な出費でお金に困ったことありませんか?
私は、○○○○で借りれました。それも家族に内緒で。

知っている人だけ得する詳細はこちら

カードローンの返済はボーナス払いできる?

年に数回のボーナスをもらい、使い切ってしまう前に
カードローンを返してしまいたいですよね。

 

 

クレジットカードの場合はボーナス払いができますが、
同じようにカードローンの返済を

 

ボーナス払いで終えることはできるのでしょうか?

 

そもそもボーナス払いとは何か、
カードローンの返済方法の違いなどを通じて

 

ボーナス一括払いの可否を見ていきます。

 

 

ボーナスの一括払いとは?

 

クレジットカードの返済方法の一種であるボーナス払いは、
一般的なボーナス払いとは異なる性質を持ちます。

 

一般的にローンなどの金融商品は、毎月の返済をする上で
ボーナス時期はさらに加算して支払いをする方法です。

 

ボーナス時期以外はまったく支払いをせず、
一括か2回に分けて支払うのが

 

クレジットカードの支払い方です。

 

ボーナスの一括払いとは
クレジットカードのような返済の方法を指します。

 

これは経済成長期など日本が好景気だった時代の
名残とも言え、ボーナス払いができるほど

 

過剰なボーナスを得ていたことから
登場した返済方法です。

 

ボーナス払いは現在でも存在し、
正規雇用、非正規雇用問わず

 

クレジットカードでのボーナス払いが可能です。
またボーナス払いにはさらに一括払いと2回払いがあります。

 

前者は利息がかからず、
後者は利息がかかるという相違点があります。

 

ここでは、ボーナス一括払いは、
利息がかからない返済方法でお得である

 

という事を覚えましょう。

 

カードローンの返済方法は?

 

次にカードローンの主な返済の方法に
ついて見てみましょう。

 

分割払い

元金均等返済

リボルビング払い

元利金等返済

 

まず分割払いとは、その名の通り
シンプルに分割して返済する方法です。

 

カードローンではまれな返済方法で、
借り入れを繰り返すと月々の返済額が加算されます。

 

元金均等返済とは分割払いのように
月々均等に返していくものですが、

 

等分されるのが元金だけという特徴を持ちます。

 

元金のみを等分しそこに利息を乗せますが、
利息は借入残高によって変動するため

 

月々の返済額は変動します。

 

そしてリボルビング払いは、
カードローンの返済方法としては最も一般的です。

 

さらに3種類のリボルビング方式に分かれます。

 

方法は返済する元金に利息を上乗せし返済する方法です。
種類によって月々の返済額が変わります。

 

また元利金等返済は元金と利息を均等に分けて返済します。
変動金利の場合は返済金額も変わりますが、

 

固定金利の場合は返済終了まで同じ金額を支払います。

 

以上のことよりカードローンにおいての
返済方法の特色がわかってきました。

 

これらを踏まえてカードローンと
ボーナス一括払いの関連性について、紹介します。

 

カードローンはボーナス払いで返せるのか?

 

クレジットカードのボーナス一括払いは、
利息がかからず1回で払いきる大変お得な返済方法です。

 

しかしカードローンの返済方法を見てみると、
利息付きの分割払いがほとんどでした。

 

それではクレジットカードのような
ボーナス一括払いで、

 

カードローンの返済は可能なのでしょうか?
答えはできません。

 

カードローンはクレジットカードと異なり
ボーナス払いの一括、2回払いが不可能です。

 

原因はクレジットカードと
カードローンの性質の差にあります。

 

カードローンは、利用限度額の範囲を
越えなければ自由に借入れができます。

 

なので分割し利息を導き支払い額とする
リボルビング払いを採用しています。

 

カードローンを組んだ金融機関によりけりですが、
月割り返済額に加算して支払いをしたり、

 

ボーナス時期に一括した返済は可能です。

 

探せば大手の金融機関でも一括返済、
上乗せしての返済の対応しているところはあります。

 

クレジットカードとカードローンの
何が違うのかを簡潔に言ってしまうと、

 

カードローンは月割りでの返済を
前提条件として設けています。

 

そのためクレジットカードと
同じようにボーナス払いはできません。

 

ボーナス払いに似た返済手段がある

 

クレジットカードとカードローンの
根本的な違いを見てみました。

 

一括で返せるのであれば、
それに越したことはないでしょう。

 

そこで活用したいのが、カードローンの
返済方法の一種であるボーナス払いに似た方法です。

 

ボーナス払いと全く変わりなく
同じものとは言えませんが、

 

一定の金額を上回るまとまった額を
返済するという側面は変わりません。

 

まずは、消費者金融の指定した
無利息期間に返済をする方法です。

 

プロミスは30日間無利息!詳しくはプロミス公式サイトで確認♪
アコムは初めての方なら「最大30日間金利0円」!

 

無利息期間内での借入れと
返済に利息がかからないので、

 

初回の支払い日にまとめて返済できれば
ボーナス払いのような恩恵を得られます。

 

つぎに返済期日を決めず、都合の良い時に
返済する随時返済を利用する方法があります。

 

返済期限のみならずその時の
返済金額も自分で決定するため、

 

返済総額を一括でボーナス払いできます。

 

しかし、月々の返済も並行して
行わなくてはならない点に注意しましょう。

 

カードローンの返済は
クレジットカードの返済のように、

 

一括でボーナス払いすることはできません。
しかしボーナスでまとめて支払うことはできます。

 

さまざまな方法でクレジットカードの
ボーナス払いのようなメリットを得ることもできます。

 

下調べをしっかりした上で
なるべくお得な方法を選びましょう。

最短即日融資で借りられる当サイトおすすめの人気のカードローン


24時いつでも申込みができて、来店不要で借りられます。
スピード審査でお金を借りたい人によく利用されています
最短即日融資で借りられるカードローンです。
プロミスレディースキャッシング(SMBCコンシューマーファイナンス)

WEB完結でカード なしも可能なので、郵送物一切なし!

ポイント1 お急ぎの方にはフル入力がおすすめ
※「カンタン入力」の場合は項目の半分を電話で回答できます。
ポイント2 瞬フリで24時間最短10秒のお振込が可能
※24時間振込可能な金融機関の口座を登録いただいた方
ポイント3 審査は最短30分。最短1時間融資も可能!
アドバイス 安定的な収入が必要。二重申し込み不可。

プロミスレディー

スキャッシング

プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)

プロミス

瞬フリで24時間最短10秒のお振込が可能!

※三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座限定

ポイント1 審査は最短30分。最短1時間融資も可能!
ポイント2 国内外のホテル、レジャー、グルメの優遇サービス
※「おとくらぶ」は登録料・年会費無料。新規会員登録で1,000円分のギフト券がもらえる。
ポイント3 チャージ済みの三井住友VISAプリペイドがもらえる!
※初めて契約で、2,000円分チャージ済みカードがもらえる。

SMBCモビットのカードローン(SMBCモビット)

2016年オリコン 顧客満足度No.1のSMBCモビット!

ポイント1 即日融資も可能
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合有り
ポイント2 少ない入力項目で事前審査結果がわかる「10秒簡易審査」
ポイント3 WEB完結申込ならお勤め先確認への電話連絡、郵送物なし!

モビット

アコムのカードローン(アコム株式会社)

アコムなら、最短30分で審査回答!

ポイント1 申し込み当日の融資も可能!
ポイント2 初めてでも、来店不要で即日振込も可能
ポイント3 自動契約機なら22:00まで※年中無休(年末年始は除く)

アコム

レイクALSA(新生フィナンシャル)

借入と返済の提携ATM手数料が¥0

ポイント1 来店不要
※インターネットで申込みから契約、必要書類の提出可能
ポイント2 最短即日融資!
※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除く。
ポイント3 アルバイト、パート社員などの一定収入のある方

新生フィナンシャル


※弊社調べによりランキング掲載しています。

家族に内緒で借りられました。それも即日融資で。

カードローンを利用すると家族にバレないか心配でした。
でも、○○○○で借りたらバレずにすみました。それも即日借りられました。

知っている人だけ得する詳細はこちら

カードローンの返済はボーナス払いできる?関連ページ

専業主婦でも借りられるカードローン
専業主婦でも、急な出費でどうしてもお金を借りたい時があります。専業主婦は、消費者金融や銀行のカードローンでお金を借りることができるのでしょうか?消費者金融と銀行のカードローンは、どこが違うのでしょうか?カードローンで主婦がどうしても借りたい時は?審査を通過しない専業主婦でも借りられる?専業主婦でも借りられるところは?お金を借りる時の配偶者の同意とは?専業主婦でも借りられるカードローンとは?急な出費で主婦借りれる?急な出費の時専業主婦はどうする?どうしても借りたい専業主婦は?
カードローンの利用を停止する方法
カードローンをさせないようにするには?電話でカードローンを停止できる?家族がカードローンを解約するには?信用情報機関で使用停止にするには?簡単に利用出来ないようにするには?学生ローンの借り入れをやめさせるには?消費者金融カードの利用停止の仕方は?完全に借入停止できる?カードローンを使えなくなる方法とは?認知症のローン申込みを防ぐには?カードローンをやめさせたい時は?カードローン使用不可手続きで気をつける事は?カードローンは融資停止でも借りれる?カードローンを使えないようにする時の注意点は?銀行カードローン使用ストップできる?ローンを繰り返すのを止める方法とは?借り入れ停止で借金させない方法は?本人以外がカードを止める方法は?キャッシングさせない方法は?キャッシングできないようにするには?金融機関の貸付融資を止めるには?カードを使用停止する方法は?本人にばれずにカードローンを繰り返す人が使えなくなる方法は?
クレジットカード会社より銀行カードローンの方が金利安い?
銀行カードローンは、クレジットカードのキャッシングと比べて金利が安い?クレジットローンと銀行の金利で安いのは?金利が安いクレジットカードはある?クレジットから金利の安い銀行に借り換えても損はしない?クレジットカードは本当に金利安い?金利の安いカードローン会社は銀行って本当?審査軽く即日融資可能な所は?利子が安いのはカードローン会社か銀行か?借りやすくて金利が安い所はどこ?金利の安いクレジットカードの借り方は?カードローン会社より銀行カードローンの方が金利がいい?銀行カードローンの金利の安さの秘密とは?低金利カードって本当?利子低いカードローンは即日借りれる?クレジットカード以外にカードローンの方が良い?銀行ローンで金利安カードは?利子が安い銀行カードローンを比べる時は?金利の低いローン会社は銀行?銀行とカード会社のカードローンの違いは?借り入れ出来るカード会社は銀行?クレカよりも銀行で金利が安い所は?
メディカルローン(医療ローン)の審査は通りづらい?
メディカルローンの審査は厳しいのでしょうか?カードローンと比べてお得でしょうか?不妊治療はカードローンの方が金利安い?医療ローン審査に落ちたら?医療ローン審査は厳しい?その日に通る?医療ローン審査は時間がかかる?医療ローンの金利は?勤続年数はどのくらい?ジャックス、アプラス、オリコの医療ローンを利用する時は?メディカルクレジットとは?美容外科のローン審査は?湘南美容外科のローンが通らない時は?メディカルローンは学生でも大丈夫?高額医療費はメディカルローンで借りる?医療ローンを学生が利用する時の条件は?アプラスの審査基準は?
年末年始でも借入できる? 【2018〜2019年版】
年末年始でも借入はできるのでしょうか?年末年始でも借入できますが、注意が必要です。正月に借入はできる?SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)は正月でも借り入れ可能?大晦日でも審査をしてるカード会社?年末年始の振込融資は?年末年始にカードローンできますか?年末年始にお金がない時は?キャシングカード元旦使える?カードローン契約を銀行で年末年始できる?バンクイックで年始の借り入れできる?プロミスで年末年始や元旦に借り入れできる?アコムで年末年始は提携atmに振り込めない?大晦日に申し込みは?アイフルで即日融資が受けられる年末年始の時間は?年末年始お金を借りる時は?バンクイック年末年始の借入は?正月元旦でもお金を借りれるか?元旦でもお金を借りたい時?年末年始カードローン審査混み合う?大晦日年末でも融資可能な金融会社は?年末の融資で借りれる?年始の振り込みキャッシング開始日は?
投資資金をカードローンで借りる前に知っておきたいポイント
カードローンで投資資金を借りられるのでしょうか?投資資金を借りる時に注意するポイントはあるのでしょうか?投資資金を借りたい時に注意する事は?投資のためにお金を借りる時は?投資目的で銀行から借りる方法は?投資目的でカードローンで借りれる?株購入で株投資資金の融資受けられる?投資資金をローンで借りる時に注意する事は?ローンを借りて投資しても大丈夫?投資の為にローン借りられる?借入して投資すると問題ある?投資資金の借入で低金利でお金借りるには?カードローンで株を買うのって良い?銀行カードローンで投資?証券投資するために借りられるお金は?
不動産投資でカードローンを上手に利用する
不動産投資にカードローンは使えるのでしょうか?不動産投資ローンは、普通のカードローンと違って、お金の使い道は不動産投資にしか使えません。カードローンは金利が高いので、不動産の購入以外の事に使いましょう。たとえば、修繕やリフォームの出費のために、カードローンを利用しましょう。不動産の購入にカードローンを使う時は、本当に超優良物件を見つけた時だけにしましょう。